冬の窓辺、セルトレイを使った菜園

冬になると、畑でやさいの栽培ができないので、暇をしていたら、NHKの趣味の園芸 やさいの時間で「新春から楽しむやさい作り!冬の窓辺でモザイク菜園」という、冬の窓辺でセルトレイを使った野菜作りが放映されていて面白そうだったので、セルトレイ栽培を試してみました。



セルトレイを使った野菜作りの準備は簡単、容器を用意し底に鉢底石を引き詰め、その上に、セルトレイを容器の大きさに合わせてカットするだけ。そしてプランター用の培養土を入れジョウロで水をあげてから種をまきました。用意から種まきまで、10分程度でできました。

トレイに底が隠れるぐらい鉢底石を入れる。
ダイソーで買ってきた台所用のトレイに底が隠れるぐらい鉢底石を入れます。
セルトレイのはめ込む
容器の大きさにあわせてセルトレイをカットします。ダイソーの台所用のトレイはちょうどピッタリな大きさでした。
ランター用の培養土を入れる。
セルトレイにプランター用の培養土を入れて水で湿らせました。

今回選んだ種は、葉菜類で半結球レタス「美味タス」 、ミズナ「紅法師」、「サラダ水菜」、ホウレンソウ「豊葉ほうれん草」、カブ「金町小かぶ」、小松菜「新晩生小松菜」。以上の6種類を1セットとして3セット蒔き、余った2区画には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含むミズナ「紅法師」を蒔きました。

今回のセルトレイ栽培では、水菜、小松菜、ほうれん草、レタスを選びました。
今回のセルトレイ栽培では、水菜、小松菜、ほうれん草、レタスなどの葉菜類を選びました。

昼間は、日のなるべくあたる窓辺に起きカーテンで保温し、夜は窓の冷気から守るため、エアコンの直風があたらない台の上においていたら、数日で発芽し、2週間で下記の写真のような成長具合です。ダイソーで昨年購入した水菜は発芽が悪めです。深く植えすぎたのかな。

始めて2週間、芽がでて伸びてきました。
始めて2週間、芽がでて伸びてきました。一番右下は小松菜、その隣が小かぶ、紅法師、その上がほうれん草、その右隣がサラダミズナ、レタスの美味タス。

成長してきたらまた、アップしたいと思います。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。